カテゴリで記事を探す

おすすめマンガ|大人買い必須の名作50選!

おもしろいと思ったマンガを厳選!

有名無名・新旧作品の中から本当におもしろいと思ったおすすめできるマンガをジャンルに関係なく厳選してみました。

目当てのマンガを探しやすいようにジャンル別に分けてあります。随時更新中。

読みやすさ:スラスラと読めるか、読みやすさが低いと複雑な作風。

おもしろさ:お笑い要素の豊富さ、おもしろさが低いとよりシリアスな作風。

パッション:熱血的な作風度合い、パッションが低いとより爽やかな作風。

ハラハラ感:ハラハラドキドキさ、ハラドキ感が低いとより落ち着いた作風。

スポーツマンガ

H2(完結)

©️あだち充/少年サンデー

読みやすさ
(5.0)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

最後まで展開が読めない、あだち充作品の名作!

連載期間と単行本の数はあだち作品の中でH2が最も長く、ファンからも厚い支持を受けている名作。

野球漫画としても個性的なメンバーのエピソードや感動的なシーンも多く、当時の担当者が完成度の高さに震えたというエピソードもあるとか。

2人のヒーロー、2人のヒロイン、ある意味あだち作品の王道パターンですが展開は最後まで読めない。

野球部の無い千川高校から始まる比呂たちのサクセスストーリー、チームメイトとの奮闘、そこにうまく4人の関係+アルファが絡んで見どころもたくさん。

スラムダンク(完結)

©️井上雄彦/少年ジャンプ

読みさすさ
(4.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.5)
ハラドキ感
(5.0)

おすすめポイント

登場する人物全員がかっこいい!

対戦相手も含めて登場する人物全員がかっこよく、バスケの知識がなくても楽しめる。

バスケ描写も比較的リアルで全ての試合が熱い。

特に山王との試合は数あるスポーツ漫画の中でも最高クラスに白熱する名試合!

シュート(完結)

©️大島司/少年マガジン

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

高校サッカーが舞台の青春サッカーマンガ!

選手としての成長だけではなく、サッカーを軸にしたピッチ外の人間ドラマも魅力。ちょこちょこ入るコメディ要素も面白い。

初期はサッカーシーンも普通ですが、よくも悪くも段々と必殺技が繰り出される様になって現実からは少し遠ざかっていく。

サッカー面はもちろんトシと和美の関係も気になる。作者が女性なこともあってか、男女問わず楽しめる作品。

MAJOR(完結)

©️満田拓也/少年サンデー

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.0)
パッション
(5.0)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

諦めない、逆境を乗り越える姿!

主人公の半生を描いた長編野球マンガ、困難や壁にぶち当たっても諦めずに乗り越えて成長していく姿に熱くなります。

野球描写ではスーパーな選手が出てきますが必殺技のインフレより、どう壁を乗り越えるかという展開が面白い。2015年から続編のMAJOR 2ndも連載中。

肘を壊しても再起する、名門高を辞めて無名校から甲子園を目指すなどなど、とにかく熱量の高い作品。

読んでいると熱い気持ちが伝染する!

弱虫ペダル(連載中)

©️渡辺航/少年チャンピオン

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(4.5)
ハラドキ感
(4.5)

おすすめポイント

仲間との絆や競争、ロードレースが見たくなる!

自転車?という偏見で手にとらずにいたところ、読んでみたらハマる!一気に読み進めてしまうほどテンポも良い。

個性的な登場人物、ライバルであり仲間、競争や駆け引き、ロードレースってこんなに面白いのか!思わされる作品。

オタクの主人公・小野田坂道くんの好きなアニメ「ラブ☆ヒメ」の曲がクセになる。

YAWARA!(完結)

★1列目の内容★
読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

いろんな要素が詰まった女子柔道マンガ!

柔道・オリンピック・スポ根・恋愛・コメディなどなど女子柔道を軸にいろんな角度で楽しめるライトなスポーツ漫画。

昭和独特の世界観や感情のすれ違いなんかも読んでいて新鮮、今見ても断然おもしろい。

バトルスタディーズ!(連載中)

©️なきぼくろ/モーニング

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

野球名門校のリアルな舞台裏!

名門校のリアルな上下関係が細かく描かれている、PL学園野球部出身の作者だからこそ書ける生活描写が興味的でおもしろい。

今では無くなったであろう一昔前の理不尽な上下関係、監督の神様加減などは笑えて熱い。

バトルマンガ

ドラゴンボール(連載中)

©️鳥山明/少年ジャンプ

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(4.5)

おすすめポイント

今度は宇宙が舞台!バトルマンガの金字塔!

友情・努力・勝利、全部詰まったバトルマンガ。変身・必殺技などなどワクワクさせる展開はドラゴンボールの右に出るものはなかなか無い。

続編のドラゴンボール超(スーパー)も連載開始!まだまだとんでもない敵が残ってました。

最新作のドラゴンボール超では伝説のスーパーサイヤ人「スーパーサイヤ人ゴッド」が登場。

銀河パトロール ジャコ(完結)

©️鳥山明/少年ジャンプ

読みやすさ
(5.0)
おもしろさ
(4.5)
パッション
(3.0)
ハラドキ感
(3.0)

おすすめポイント

ドラゴンボール好きなら要チェック

派手なバトルシーンはなく、鳥山作品特有のギャグ満載。雰囲気はドラゴンボール初期のようにほのぼのとして読みやすい!

特にドラゴンボール好きなら要チェックな作品。

最後に全てが繋がります!作品としても面白い上に伏線になるラストがまた衝撃的。

ろくでなしBLUES(完結)

©️森田まさのり/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.5)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

コミカルでカッコいい!不良系が苦手でも楽しめる。

不良マンガなのに笑いも豊富、ケンカの迫力が伝わってくる画力も凄い。

迫力もありつつ、ただ怖い不良マンガではなく愛されキャラの番長と仲間たちも魅力的で楽しめる。

るろうに剣心(完結)

©️和月伸宏/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

激動の時代を戦ったサムライたちの物語!

明治初期を舞台にした歴史物、幕末のサムライたちの因縁や友情などなど設定がカッコいい。

自分の過去と向き合い葛藤しながら新しい答えを探していく、ちょっと切ない物語も魅力的。

シティーハンター(完結)

©️北条司/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

シリアスあり笑いありのハードボイルドコメディ!

探偵・ボディーガード・時には汚い仕事もこなす新宿の凄腕スイーパーの活躍を描いたお話。

女好き、おもしろい、でもやる時はやる、そんな主人公のキャラクターも魅力的。

幽遊白書(完結)

©️冨樫義博/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(4.5)

おすすめポイント

怒涛のバトルとストーリー展開!

霊界探偵として妖怪たちと戦うバトルマンガ!印象的なシーンやキャラがたくさんあり、読んでいて飽きない。

ラスト(終わり方)の評価は分かれるところ。

七つの大罪(完結)

©️鈴木央/少年マガジン

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(4.5)

おすすめポイント

王道のバトルファンタジー!

はるか昔、人間とそれ以外の様々な種族が混同していた時代に七つの大罪人からなる伝説の騎士団「七つの大罪」の活躍を描いたアーサー王伝説の前日譚。

シリアスあり、笑えて泣ける、七つの大罪がかっこいい。

聖騎士が国を乗っ取り、それを止めるために王女様が助けを求めて伝説の七つの大罪を探しに行くという分かりやすい設定の序盤から、よくも悪くも徐々に物語が進むに連れて話が複雑になっていく。

冒険マンガ

ONE PIEACE (連載中)

©️尾田栄一郎/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(5.0)
ハラドキ感
(5.0)

おすすめポイント

物語の伏線回収がとにかく凄い!

ひとつなぎの大秘宝ワンピースを探し、海賊王を目指す海賊冒険マンガ。

熱いバトルや魅力的なキャラだけじゃなく、序盤のシーンがここで繋がってくる!みたいな伏線が多々あるストーリー構成がもの凄い。

冒険のロマンが詰まった子供から大人まで万人受けする大ヒット作品。

ダイの大冒険 (完結)

©️漫画:稲田浩司・原作:三条陸・監修:堀井雄二/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

2020年秋に2回目のアニメ化!

ドラゴンクエストの世界観が舞台になった冒険バトルマンガの元祖ともいえる作品、オリジナルの魔法なども登場。

ドラクエの王道ストーリーがおもしろい。

ロトの紋章 (完結)

©️絵:藤原カムイ・脚本:小柳順治・原案:川又千秋/月刊少年ガンガン

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(3.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

ロトシリーズを舞台したドラクエ作品!

ドラクエ1〜3のロト3部作、3のロト伝説から1の冒険のが始まる間がロトの紋章の物語の舞台。他のドラクエ作品と比べてシリアスな作風。

続編にドラゴンクエスト列伝ロトの紋章-紋章を継ぐもの-がある。

ギャグマンガ

行け!稲中卓球部(完結)

©️古谷実/ヤングマガジン

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(5.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

吹き出して笑ってしまうおもしろさ!

当時は日の当たらない部活だった卓球部を舞台にしてクセが強い部員たちが破天荒な事件を巻き起こす。

お色気も多く、少し下品な男子ノリ的な、女子が引いてしまう様なネタも多いが授業中でも吹き出して笑ってしまうくらいの破壊力あり。

すごいよマサルさん!(完結)

©️うすた京介/少年ジャンプ

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

意味不明でもおもしろい前衛的な笑い!

そもそもセクシーコマンドーというのが意味不明ですが、そういったシュールさがこの作品の真骨頂。

ワケがわからないのに笑える、シュールな笑いが好きな人にはストライクな作品。

一時期流行った額に『肉』と書くキン肉マンのラクガキはこのマンガから火がついた。

Dr.スランプ(完結)

©️鳥山明/週刊少年ジャンプ

読みやすさ
(5.0)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

癒し系のキャラ達とほのぼのコメディ!

ド田舎のペンギン村で天真爛漫な住人たちが巻き起こすドタバタ劇。誰でも笑えてみんながハッピーになれる。時が経っても古くささを感じないキャラや作画もすごい。

アフロ田中(連載中)

©️のりつけ雅春/スピリッツ

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

思春期のバカバカしさをシュールに描いた作品!

そこまでぶっとんだ設定でもなく、お色気が強いわけでもなく。現実の日常でありそうでなさそうな(?)思春期の悩みや葛藤をネタにした天パの主人公『田中』の青春喜劇。

高校アフロ、中退アフロ、上京アフロとシーズンが変化しながら連載中。

監獄学園(完結)

©️平本アキラ/ヤングマガジン

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(5.0)

おすすめポイント

お色気要素とスリリングな学園コメディ!

パッと見はホラー漫画っぽいタイトルですが強い女子生徒と弱い男子生徒たちの学園コメディ。

女子と男子たちのドタバタ感とプリズンブレイクの様なスリリングなおもしろさが魅力的。

荒川アンダーザブリッジ

©️中村光/ヤングガンガン

読みやすさ
(4.5)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

訳ありの住人との掛け合い!

絶対人に借りを作っては行けないハイスペック主人公、鉄仮面を着けた鉄人兄弟、カッパの村長など斜め上をいった住人たちの設定が笑える。

住人たちや主人公のハートフルな話もあり無茶苦茶だけどほのぼのとする。

ファンタジー

空挺ドラゴンズ(連載中)

©️桑原太矩/アフタヌーン

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

ラピュタのような世界観が魅力的!

ドラゴンを捕まえるために飛空挺で世界を巡る船員たちのお話。ナウシカやラピュタなどのジブリ作品に似た世界観に引き込まれる。

冒険マンガかと思いきや、龍捕り(おろちどり)やドラゴン料理など船乗りの日常を描いた作品。

空挺ドラゴンズに出てくるドラゴンはよくある「竜」のイメージではなく、空飛ぶ怪物といった感じ。

進撃の巨人(連載中)

©️諫山創/少年マガジン

読みやすさ
(3.5)
おもしろさ
(2.5)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(5.0)

おすすめポイント

巨人や世界の謎が気になるダークファンタジー!

巨人に立ち向かい道を切り開く人間たちの生き様がカッコよく、巨人の謎などなどスリリングなストーリー展開も凄い。

人類の無力感がなかなか強烈に描かれている。

転生したらスライムだった件(連載中)

©️漫画:川上泰樹・原作:川上・原案:みっつばー/シリウス

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

スライムの異世界ライフ!

ひょんなことからスライムに転生してしまった人間が異世界で成長・戦い・成り上がっていくストーリーがおもしろい。

青春マンガ

I’s(完結)

©️桂正和/少年ジャンプ

読みやすさ
(4.5)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

きれいな女の子と恋の行方!

男子目線の青春恋愛マンガ。お色気要素の強い妄想も多めですがストーリーもしっかりしていて各キャラの恋の結末も気になる。

とにかく画力がすごい。

めぞん一刻(完結)

©️高橋留美子/スピリッツ

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(3.5)
ハラドキ感
(3.5)

おすすめポイント

個性豊かな一刻館の人々!

アニメの名シーンでよく取り上げられる最終回の一コマが有名なラブコメ作品ですが、一刻館の個性的な人々とのコミカルな日常がおもしろい。

時代を感じますが今の時代では書けない良さがあり、今読んでも楽しめる。

BECK(完結)

©️ハロルド作石/月刊少年マガジン

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(3.5)
パッション
(4.5)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

バンドの成長を描くロックな青春ストーリー!

思春期の葛藤、ライバルとの競争、バンドの挫折や成長など紆余曲折がおもしろい。バンドや音楽に詳しくなくても楽しめる。

音は聞こえないけどライブシーンもかっこいい。

宇宙兄弟(連載中)

©️小山宙哉/モーニング

読みやすさ
(5.0)
おもしろさ
(4.0)
パッション
(4.0)
ハラドキ感
(4.0)

おすすめポイント

おもしろくて熱くなる宇宙飛行士の物語!

一度は諦めた宇宙飛行士の夢を、もう一度叶えるために奮闘する姿がおもしろくも熱く描かれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です