カテゴリで記事を探す

【ドラクエ7攻略】職業のおすすめルートと転職条件!

ドラクエ7 ジョブ

ドラクエ7を序盤と中盤の境目くらいまで進めるとダーマ神殿が解放されていろんな職業に転職できるようになります。

とりあえず人間職もモンスター職も全部極めれば最強なんですけど…

そこまで育成するのもなかなか面倒くさいので(小声)

人間職の情報やおすすめルートをまとめてみます!

上級職への転職条件

バトルマスター 戦士+武闘家
パラディン 武闘家+僧侶
賢者 僧侶+魔法使い
魔法戦士 魔法使い+戦士
海賊 船乗り+盗賊
魔物ハンター 盗賊+ひつじかい
スーパースター 踊り子+吟遊詩人+笑わせし
ゴッドハンド バトルマスター+パラディン
天地雷鳴士 賢者+スーパースター
勇者 上級職を3つマスター

勇者は上級職を3つマスターで転職できます!

ゴッドハンド天地雷鳴士は条件的には上級職の上位みたいな立ち位置ですけど勇者の転職条件では他の上級職と同じカウントみたいです。

[chat face=”face3.png” name=”” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]バトルマスター→パラディン→ゴッドハンドの上級職3つマスターで勇者さま!ゴッドハンドもバトマス・パラディンと同じ上級職カウント。[/chat] [chat face=”face4.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]とりあえず目指すところはゴッドハンド、天地雷鳴士、勇者だと思うので次は3つの上位職の特徴をまとめてみます。[/chat]

3つの上位職の特徴

[jin_icon_star color=”#e9546b” size=”20px”] ゴッドハンド

[jin-fusen1-even text=”ゴッドハンドの特徴”]

マスターすると職業がゴッドハンドの時は力が上昇する。

熟練度1 戦闘回数-回
身代り・しんくうは・すてみ・岩石おとし・仁王立ち
熟練度2 戦闘20回
はやぶさ斬り・もろば斬り・さみだれ剣・ゾンビ斬り・真空斬り・メタル斬り・かぶとわり・ポイズンダガー・すいめんげり・へんてこ斬り
熟練度3 戦闘40回
グランドクロス・ばくれつけん
熟練度4 戦闘80回
マホトラ・マジックバリア
熟練度5 戦闘120回
バイキルト・ルカナン・スクルト
熟練度6 戦闘150回
メガンテ・メガザル・ベホマラー・ザオリク
熟練度7 戦闘180回
ギガスラッシュ
熟練度8 戦闘250回
アルテマソード

[jin_icon_star color=”#e9546b” size=”20px”] 天地雷鳴士

[jin-fusen1-even text=”天地雷鳴士の特徴”]

職業が天地雷鳴士の時は熟練度に応じてMP消費が軽くなる

熟練度1 戦闘-回
マホトラ・バイキルト・フバーハ・瞑想・マジックバリア・アストロン・メガザルダンス・たたかいの歌・のろいの歌・せいしんとういつ・ムーンサルト
熟練度2 戦闘30回
メラゾーマ・ベギラゴン・バギクロス・イオナズン・ラリホーマ・ザラキーマ・マヒャド・メイルストロム
熟練度3 戦闘60回
ザオリク・いてつく波動・ハッスルダンス
熟練度4 戦闘90回
火柱・マグマ・めいどうふうま・召喚
熟練度5 戦闘120回
ジゴスパーク
熟練度6 戦闘150回
れんごく火炎
熟練度7 戦闘200回
ビッグバン
熟練度8 戦闘260回
げんま召喚

[jin_icon_star color=”#e9546b” size=”20px”] 勇者

[jin-fusen1-even text=”勇者の特徴”]

職業が勇者の時は毎ターン終了時にHPが少し回復する。

熟練度1 戦闘-回
ルカナン・マホカンタ・バイキルト・スクルト・マジックバリア・アストロン・フバーハ・トラマナ
熟練度2 戦闘8回
メタル斬り・いなずま斬り・かえん斬り・マヒャド斬り・ミラクルソード
熟練度3 戦闘20回
追い風・いてつく波動・しんくうは・しゃくねつ・つるぎの舞
熟練度4 戦闘50回
ライデイン・バシルーラ・メガンテ・ラリホーマ・ドラゴラム・ベホマラー・ザオリク
熟練度5 戦闘80回
ギガデイン・メラゾーマ・バギクロス・メイルストロム・ベギラゴン
熟練度6 戦闘100回
ビッグバン
熟練度7 戦闘150回
ギガスラッシュ・ベホマズン
熟練度8 戦闘210回
ミナデイン

おすすめのキャラ別ルート

スマホアプリ版では上位職で覚えた技・呪文はせっかく覚えても転職するとリセットなので、どのルートを通っても同じじゃないかなという印象。

それならできるだけ少ない職業数で勇者・ゴッドハンド・天地雷鳴士まで行くのがおすすめかなと思うので。

マリベルの魔法特化以外は同じルート。

全員同時期にバトルマスターになったりすると回復役がいななって苦労すると思うので。

戦士が居れば誰かを僧侶、バトルマスターが居れば誰かをパラディンにしたり、回復役を確保できるようにしながら勇者まで最短で転職していくのがポイントかなと。

主人公

  1. 戦士
  2. 武闘家
  3. 僧侶
  4. バトルマスター
  5. パラディン
  6. ゴッドハンド
  7. 勇者

マリベル

  1. 魔法使い
  2. 僧侶
  3. 踊り子
  4. 笑わせし
  5. 吟遊詩人
  6. スーパースター
  7. 賢者
  8. 天地雷鳴士
  9. (勇者)

ガボ

  1. 戦士
  2. 武闘家
  3. 僧侶
  4. パラディン
  5. バトルマスター
  6. ゴッドハンド
  7. 勇者

メルビン

  1. 僧侶
  2. 武闘家
  3. 戦士
  4. パラディン
  5. バトルマスター
  6. ゴッドハンド
  7. 勇者

アイラ

  1. 戦士
  2. 武闘家
  3. 僧侶
  4. バトルマスター
  5. パラディン
  6. ゴッドハンド
  7. 勇者

終わりに:ストーリークリアなら・・・

クリア後の世界はモンスター職などなどもう少し細かいやり込みが必要かもですが。

とにかく熟練度の育成がめんどくさかったので最短で勇者ルートを意識したんですけど、ストーリークリアまでならこれでも十分。

育成をなるべく省きたい時はこんな感じでも大丈夫かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です