カテゴリで記事を探す

オルサガ|騎士団戦編成で戦績を上げる5つのポイント!

ポイントを押さえて騎士団戦編成ができれば、今ある手持ちのキャラを使ってできるだけ戦績を高くすることができる。

  • 優先度配置設定
  • タクティクスレベル
  • アビリティの装備
  • 従者設定
  • サポート編成※new

この辺りが騎士団戦編成で戦績を左右するポイントになってきます。

騎士団戦の編成は使うタクティクスのキャラを編成に入れて、優先度配置設定で配置を考える。

編成したキャラのアビリティや従者の設定も重要。

大型アップデートでサポート編成機能が追加!

ここでは編成や配置で戦力を最大限に活かすポイントをまとめてみます。

優先度配置設定のやり方

騎士団戦パーティに編成したキャラの位置を設定する。フォーメーションとキャラの最適な組み合わせと配置を考える。
優先度配置設定をしていないとキャラの位置は全てランダムになってしまう!

強化が進んでも配置がバラバラだと結果が出づらい、逆に配置がうまくできれば最大限の力を発揮できる。

配置のポイント

  • 2〜3体出撃の形を考える
  • なるべく被弾がバラつく様にする
  • 特殊効果マスをうまく使う
通常戦は2〜3体出撃がメインになるので敵から受ける攻撃がばらつく様に配置を考えるのがポイント。受ける攻撃をなるべく分散できれば生存率が上がって殲滅もはかどる。

基本的に通常戦ではBP回復薬を節約して戦うので常時5体出撃だとBPが足りなくなるというのが2〜3体出撃の理由。

騎士団戦イベントでは通常戦とは違いBP回復薬をフルに使うので、BPの残量を気にする必要がなく常時5体出撃がメインになる。

ミーティアを参考にして2〜3体出撃配置を考えてみると。

3体出撃:①③⑤
2体出撃:②④・③④・②⑤など

ミーティアの①③⑤の3体出撃の形は①が崩されない限りどの属性の攻撃も1マスしか当たらない。

こんな感じで相手の攻撃を分散させる様に出撃と迎撃の形を考えて配置を考える。

攻撃力の高い斬属性の攻撃が当たる前列には防御の高い打属性や突属性を配置したり、アビリティを工夫したりするのも配置のポイント。

強いフォーメーションやキャラでも配置がバラバラだと効果薄!重要なのは適材適所。

MEMO

配置設定したキャラとしてないキャラがいる場合、敵の攻撃を受けた時は配置したキャラが優先して迎撃する。CB役などで崩されたくないキャラがいる場合は優先度配置を設定しないという方法もある。

オルサガ|おすすめのキャラをムダなく選ぶ方法!

おすすめのアビリティ

アビリティは地味にみえて戦績にはかなり影響するので、なるべく早くセットしておきたい。

よく使われるアビリティ

斬属性
闘炎の追い風、回避の魂、軍神の鋭撃など
突属性
闘炎の追い風、反撃の暗闇、迎撃の魂、軍神の鋭撃など
打属性
守護の追い風、決意の盾、反撃の昏睡など
遠属性
不屈の魂、闘炎の追い風など

たくさん種類があるので面倒なら最初は闘炎の追い風と軍神の鋭撃を揃えるだけでも撃破しやすくなる。

タクティクスレベルを意識する

エース煌レベル3の場合、エース煌を3回使える。同じタクティクスを5個以上入れても5回までしか使えないので注意!

タクティクスレベルの上げ方

  • 同じタクティクスを複数入れる
  • 最大レベルは5(5以上は増えない)
  • レベルが上がると効果も微増する
タクティクスレベルを5にしたら、そのタクティクスを5回使えて効果もより高くなるということ。最大5なので6個編成に入れても5回までしか使えない。

自分の役割に合ったタクティクスを持ったキャラを編成するのが騎士団戦用のキャラ選びのポイント。

MEMO

同じタクティクスでも絶と煌では別のタクティクスになる。例えばアサルト絶とアサルト煌は別なので、それぞれ編成に入れるとアサルト絶レベル5とアサルト煌レベル5と別でタクティクスレベルが上がる。

従者と従者スキル

従者とは?
従者を設定すると設定した従者分メインキャラのステータスが上昇する。メインキャラと従者のスキルは変更できる。

タクティクスは騎士団戦で使えないけどステータスが高い、または強いスキルを持っているキャラは従者として使える。

従者用キャラのレベルやスキルレベルを上げておくのもパーティ強化のポイントになる。

MEMO

騎士団戦では撃破してポイントを稼ぐ必要があるので、HP回復やステータスダウン系の持久戦用のスキルより連撃や全体ダメージ系のスキルがおすすめ。

オルサガ|SSRステータスランキング!従者におすすめなのは誰だ!? オルサガ |URステータスランキング!最強のキャラは誰だ!?

スキルレベルは影響大

  • スキルの奥義書を使う
  • R以上のキャラを使って強化
スキルレベルを上げる強化アイテム「スキルの奥義書」は金曜日の曜日クエストを周回して回収する。

キャラのスキルレベルはスキルの奥義書を使って上げる、レベルが上がるとスキルの威力が上がっていく。

  • 上級:奥義の書++が落ちる
  • 中級:奥義の書+が落ちる
  • 初級:奥義の書が落ちる

スキルの書はなかなか落ちないので根気が必要、金曜日になったら曜日クエストを周回する。

MEMO

スキル上げにキャラはなるべく使わない。R以上のキャラを使ってEXガチャのゲージを貯められる。余ったR以上のキャラはスキル上げに使うよりEXガチャの素材として優先的に使うのがおすすめ。

同一キャラを集めるのはなかなか難しいので、イベントや交換所などでコツコツアイテムを集めて限界突破させていく。

サポートパーティ編成

2019年末の大型アップデートで初実装。騎士団サポート編成キャラを設定すると、同じ番号のメインキャラのステータスが上がる。
  • UR5体、それ以外5体の合計10体
  • サポート専用スキルも実装
従者とは違い他の属性も配置できるので、壁にしたいキャラのサポートには打属性、攻撃力を優先したい場所には斬属性を配置する事もできる。

サポートパーティに編成できるキャラ10体のうちURは5体まで編成できる、それ以外はUR以下のキャラしか編成できない。

MEMO

魔光装衣にサポート専用のサポートスキルも持ったキャラも登場。今後はサポートスキルを持ったキャラをうまくサポート編成に入れるのも重要になりそう。

オルサガ|魔光装衣と討伐攻略!タレントやサポートスキルの使い方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です