プロサッカー選手になるには?必要なことをプロ経験者に聞いてみた

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

人気職業ランキングでも上位に来るプロにスポーツ選手ですが、中でも人気プロサッカー選手はどうやってなるのか?

プロになるまでの道のりや、各年代ですべきこと、練習時間など、プロサッカー経験者の友人にアドバイスをもらいながらプロになるために必要なことを参考としてまとめてみました。

プロサッカー選手とは?

まず、プロサッカー選手とは何か?

国際サッカー連盟『FIFA』の規定の中では下記がプロフェッショナルの定義となっています。

クラブチームと書面の契約を結び、その者の実効的な出費を上回る金銭をサッカー競技に関する活動によって得ている者

お金をもらっていてもチームと書面でプロ契約をしていないとプロではなく、チームと書面でプロ契約をしていても給料が少額ならプロとは言えない。

あとはサッカー以外の仕事で給料を得ている社員選手の様な契約もFIFA的にはプロの定義には入らないという事になります。

プロサッカー選手になるための道のり

・Jリーグ(国内)でプロサッカー選手になる

・海外でプロサッカー選手になる

プロサッカー選手になる最も一般的な形は国内プロリーグ『Jリーグ』に所属する選手、いわゆる"Jリーガー"になることです。

他にもサッカーは世界中にプロリーグがたくさん存在しているスポーツなので、海外でプロサッカー選手になるという形もあります。

プロサッカー選手には大きく分けるとこの2つのケースがあると思います。

近年は強豪国から無名国まで色々なルートが増え、海外でプロサッカー選手になるという形もひと昔前に比べるとメジャーになってきています。

プロチームにスカウトされる

高校ならインハイや選手権・大学ならインカレや総理大臣杯など、各プロクラブには各年代の大会や試合をチェックしているスカウト担当者がいます。

高校や大学出身のJリーガーはスカウトに注目されてプロになるケースが多いです。最近ではJリーグだけではなく、海外クラブからスカウトされる事も多くなっています。

スカウトから声をかけてもらいプロクラブの練習に参加して、最終的な獲得オファーや内定を貰うという形がスカウトからプロになる基本的な流れです。

プロチームの下部組織から昇格する

近年プロサッカー選手になる確率が1番高いのはJクラブの下部組織からトップチームに昇格するというパターンです。

確率が気になる方は下記の記事をご覧ください。

下部組織にいればプレーを見てもらえる機会も多く育成年代からそのクラブのスタイルを身近で感じる事もできるため、早い段階でプロを目指せるなどメリットが多い環境になっています。

プロテスト(トライアウト)を受ける

人脈がある方に推薦してもらいプロクラブの練習に参加する等、スカウトがなくてもプロのテストを受ける事は可能です。

例えばヴェルディの練習生から成り上がった中澤佑二選手のエピソードが有名です。

ひと昔前は参加費を払って参加できるJクラブの一般トライアウトも開催されていましたが、スカウト網が発展した今となっては見かけなくなりました。

プロサッカー選手になるためにできること

プロサッカー選手になるためにできる事は人それぞれ状況によっても変わってくるかと思います。

ここでは小学生〜社会人に分けてそれぞれできる事の王道を参考までにまとめてみました。

プロサッカー選手になるために小学生(ジュニア)年代ができること

小学生(ジュニア)年代の12才までにプロデビューした例はなく、調べてみたところ2023年時点では13才7ヶ月というのが最年少みたいです。

プロチームの下部組織に参加

最もプロへの道が近くなるのはJクラブの下部組織への入団。

ジュニア年代までは誰でも参加できるサッカースクールを持っているJクラブが多いので、スクールに入会してU12チームやジュニアユース昇格を目指すという形が直接的な方法。

他にも試合で活躍を続けることで下部組織にスカウトされるという間接的な方法もあります。

小学生から下部組織に所属し、順調に上のカテゴリへ昇格できれば最短距離でプロに進める可能性が高くなります。

メガクラブのサッカーキャンプに挑戦

久保建英選手がバルサのカンテラに入団したきっかけになったことで注目を集めたメガクラブのサッカーキャンプ。

ここで活躍できれば海外メガクラブに留学できる特典があったり、さらに現地でも活躍すれば久保選手のように一気に海外への扉を開けるチャンスになることも。

主な対象が小学生なのでジュニア年代だからこその好機とも言えます。

サッカーを楽しむ

ジュニア年代から高い意識とレベルの中で切磋琢磨できる環境を経験する事はプロを目指す過程で大きなメリットになる事は間違いないです。

ただ、教えられた事だけではなく遊びの中での工夫や発送は自分で考える力を養う事もできますし、楽しむ事が上達への近道になる事もあるので友達と遊びながらサッカーを楽しめる環境も同じくらい大切だと思います。

プロサッカー選手になるために中学生(ジュニアユース)年代ができること

中学3年生(15歳5ヶ月)で久保建英選手がJ3でJリーグ最年少デビューを記録、森本貴幸選手は15歳6ヶ月でJ1最年少デビューを記録しています。

ごく稀なケースですが、早ければJ1でもプロデビューの前例があるカテゴリです。

下部組織から2種登録を目指す

森本選手や久保選手の様に所属している下部組織(ジュニアユース)から飛び級で2種登録を勝ち取る。

下部組織に所属していなくても、元・浦和の邦本選手の様に活躍する事で浦和にスカウトされてすぐトップチームの練習に合流という例もあります。

強豪校への進学を目指す

プロデビューの可能性もある年代ですが一般的には高校でキャリアを築くために強豪校や下部組織のユースなどプロになるための進路を考え準備していく。

近年はサッカーだけ上手くてもスポーツ推薦での進学を取れない高校が以前より多くなっているので、進路を決める上で学業も重要になっています。

プロサッカー選手になるために高校生(ユース)年代ができること

プロを目指す上で高卒プロ入りというのが1つのターニングポイント。

基本的には注目度の高い大会で活躍する事でプロへの道が開けて行くため、例えば全国大会常連の様な強豪チームに所属して試合に出たほうがスカウトの目に触れる機会は多くなりやすいです。

注目度の高い大会で結果を残す

高校サッカーの主要大会は『選手権』『インターハイ』『プレミアリーグ』の3つ。

注目度の高い大会に出場するとスカウト関係者の目に触れる機会が増えるので、そこで印象的な活躍をすればプロになれる可能性は高くなります。

高校とクラブユースが一緒に戦うリーグ戦『プレミアリーグ』に所属している24チームがユース年代で最も強く注目度の高いチームと言えます。

※2023年時点のプレミアリーグチーム数はWEST(12)・EAST(12)の合計24チーム

プロサッカー選手になるために大学生ができること

高卒でプロ入り出来なくても大卒でプロに入る選手も多くいます。

プロと同じ様なの練習環境を持つ大学も増え、三苫薫選手や守田英正選手など大卒選手の活躍も目立っています。

注目度の高い大会で活躍する

大学サッカーの主要大会は『インカレ大学リーグ』『総理大臣杯』の2つ。活躍すると各大学リーグの選抜チームに選ばれ、各選抜チームが集まる『デンソーカップ』という大会に出場できます。

さらに学生のオリンピック『ユニバーシアード』に出場する大学サッカー日本代表があり、大学生からプロ入りを目指す選手が実績を積むにはそこが目標になるかと思います。

他には『天皇杯』に出場してJクラブ相手に目立つ活躍をすれば一気に注目されるケースもあります。

プロサッカー選手になるために社会人ができること

セレッソで活躍した古橋達弥選手・大分やヴィッセルで活躍した藤本憲明選手など、社会人からJリーグへステップアップした例もあります。

地域リーグからJリーグ昇格を目指す

社会人でプロを目指すにはJリーグ参入を目指している下部リーグのチームに所属するのが一番現実的な方法かと思います。

例えばJFLなら最短1年でJ3に昇格できる可能性があり、JFLの1つ下の地域リーグなら最短2年でJ3に昇格できる可能性があります。

セレクション(トライアウト)を受ける

とくかくプロを目指すならアジアや東欧などの海外チームを紹介している会社やチームのセレクション等に参加するのも1つです。

プロサッカー選手になるのに必要な練習時間とは?

たくさんボールに触ったらそのぶん上手くなることは間違いないと思いますが、プロサッカー選手になるために必要な練習時間は人それぞれ。

何時間練習したら上手くなるという明確な基準はありません。

ある強豪校の練習スケジュール

朝:6時前後から8時前まで朝練

夕:16時から19時まで練習

夜:自主練

個人的に経験したある強豪校の平日の練習時間を参考までに書いてみました。現在の練習量は不明ですが、これはまだ量が多かった時代かと思います。

これだけ練習していればもちろん上達を実感できたわけで、個人的に練習量は必要派です。

ただ「練習を何時間やった」より「目的や課題を持って何をやるか」が大切で、その上でどれくらいの練習をするのかというのが重要かと思います。

SNSで様々な情報を見て学べる今の時代ならもっと効率的なやり方もあったと思うので、自分に合った形を見つけることが上達のポイント。

プロサッカー選手になるには何が必要?

細かく言えば他にも必要な事は多々ありますが、プロになるために外せないと思うの事を簡潔にするとこの3つになるかと思いますます。

実力

当たり前かもしれませんが、人よりサッカーが上手いことはサッカー選手になるために1番重要。

ただ「上手い」と言いばドリブルやパスといった技術的な部分だけをイメージしがちですが、技術が低くても強い・高い・速いなどの特徴があったり、例えばディフェンスが上手ければDFとしてプロになれる可能性はある。

ゲームに良い影響を与える事ができるという広い意味でサッカーが上手くなれば、そのぶん他の人より目立つ・実績をあげられる可能性は高くなるのでプロになりやすい。

実績

実績にはチームと個人の2つがあります。

例えば、注目度の高い大会で全国優勝するなどチームとしての実績を多くあげればそれだけスカウト等プロ関係者の目に留まる可能性は高くなります。

アンダーカテゴリーの選抜・日本代表に選出されるなど、個人としての実績が高くなるほど知名度が上がりますし色々な関係者と直接的な繋がりを持てる可能性も上がる。

プロになるために実績は重要です。

行動力

天才・エリート過ぎて小さい頃からスカウトに注目され自分から何もしなくても自動的にプロへの階段を進んでいける事もあるかもしれませんが、それは極めて稀なケースです。

プロになるため名門校の門を叩く・セレクションに挑戦するなどの行動力、実力を伸ばすために練習を継続する行動力など、ほぼ全選手が大なり小なりどこかで夢に向かって行動した結果プロになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です