カテゴリで記事を探す

【クロノトリガー】アプリ版の評価!追加要素やバグだらけの噂を検証!

Game Review
総合評価
(5.0)

このページはスマホアプリ版・クロノトリガー(アップグレード版)のレビュー記事になります。

初期のスマホ版は辛口のレビューが多かったみたいですけど最近のアップグレード版はどうなのか?

スマホアプリ版をプレイしてみた感想や追加要素などをまとめてみます。

概要

STORY

AD1000年のガルディア王国千年祭で出会った少年クロノと謎の少女マール、この2人の偶然の出会いが過去・現在・未来・さまざまな時代を行き来し世界を救う旅へと繋がっていくことになる•••

キャラデザインはドラゴンボールの鳥山明、ストーリー原案はドラクエシリーズの堀井雄二、プロデューサーがFFシリーズの坂口博信

ドラゴンクエストのエニックスとファイナルファンタジーのスクウェア、当時はそれぞれ大ヒットシリーズを作っていた2つの会社がタッグを組んで話題になった90年代を代表する大作RPG。

リリース:1995年

ジャンル:ロールプレイング

ハード :スーパーファミコン

プレイレビュー

バトル
(4.0)

戦闘はFFと同じアクティブゲージ式のコマンドバトル。戦闘パーティに設定できる人数は3人でメンバーの組み合わせによって使える技も変わる連携わざなどが特徴。

  • アクティブ:コマンド選択中も時間がすすむ
  • ウェイト :コマンド選択中は時間がとまる

戦闘システムのアクティブゲージはアクティブとウェイトの2種類から選択できる。メッセージスピードも8段階で調整できバトルテンポも悪くない。

通常の敵にも攻略法がある

ボスだけじゃなく通常で強力な敵もいるので、敵の特徴に合わせて戦うのもクロノトリガーの特徴。レベル上げしてポチポチするだけではないので難易度は少し高めかも。

例えばファイヤで棍棒を焼くと急激に弱くなったりする。コイツ強すぎじゃないか?と思ったら何か攻略法がある。


操作性
(4.0)

ダンジョン内は敵と接触するとバトルに突入するシンボルエンカウントで発生、フィールド移動は敵もいないし細かい操作も必要ない。スマホ操作なので多少のストレスはあるかもですが全然普通に遊べる操作感。

ネズミ捕りは5分程度でクリア

スマホ操作なので、カーレースやネズミ捕りみたいなアクション系のイベントでは操作がストレスに感じてしまう事は多少あるかも。ただしクリアできないレベルではないと思います。


ストーリー
(5.0)

現在のゲームに比べれば荒さはあるものの今プレイしても十分おもしろい。逆に映像などのビジュアル面でごまかせない分、単純にゲームとしては最近の作品よりおもしろいかも。

カットインムービーは微妙

PS版から実装されたストーリー要所でのムービーシーンもあり。ただしムービーからドット絵に戻った時の表現差はチグハグ。

ムービーはBGMと効果音のみ、キャラボイスはないので当時は凄かったけど今改めて見ると逆に無い方が良いんじゃないか?と感じる部分もあります。

アプリ版の追加要素

アプリ版コンテンツ
  • 強くてニューゲーム
  • マルチエンディング
  • 次元のゆがみ
  • 竜の聖域

スマホ版はDS版がベース。スマホ操作に最適化したこと以外でDS版からの追加要素は特に無い。

闘技場がない

スマホ版には闘技場は無いのでDS版と全く同じではない。基本的なシステムはリメイクされてもSFC版とほとんど同じ、グラフィックは少しきれいに感じる。

バグの噂は本当?

よくあるバグの
  • オートセーブがない
  • 操作感が劣悪
  • ネズミ捕獲に1時間
  • スキルが初期化される

実際にプレイしてみて特に大きなバグはなかったので、アップグレード版になった現在ではほとんど問題ない印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です