【クロノトリガー】アプリ評価!コントローラーの操作性やバグ・今までとの違いをレビュー

リリース初期は辛口なレビューを多く見かけたアプリ版ですが、アップグレード版からはどうなのか?

このページではスマホアプリ版クロノトリガー(アップグレード版)について、操作性やバグの噂・過去の移植作品との違いなどなど、買う前に気になる情報をレビューしてみます。

タイトルクロノトリガー
発売日1995年3月11日
ジャンルRPG
ハードスーパーファミコン
メーカースクウェア(現スクウェア・エニックス)
公式HPクロノトリガー公式サイト

ドラゴンクエストシリーズの堀井雄二、ファイナルファンタジーシリーズの坂口博信、ドラゴンボールの鳥山明がタッグを組んだドリームプロジェクトとして話題になった作品。

ドラクエとFFシリーズの生みの親と天才漫画家がコラボするという衝撃だけではなく、特集記事で平成ゲーム最高の1本に選ばれるなど作品としてのクオリティも高評価されてます。

スマホ版の違い

スーパーファミコン
(1995年発売)
オリジナル版
プレイステーション
(1999年発売)
新規ムービーの追加
ニンテンドーDS
(2008年発売)
新イベントの追加
スマホアプリ
(2011年発売)
DS版がベース

1995年にSFCで発売された後もPS・DS・スマホ版と3つのハードで出ています。

PS版でアニメーションムービーが追加、DS版から竜の聖域と次元のゆがみなどの新要素が加わって新ダンジョンやモンスターも追加。スマホ版は基本的にDS版をスマホ操作に最適化した形ですが、全く同じではなく通信対戦モードの次元の闘技場は未収録。

どのハードの作品もSFC版をベースに新要素を追加した移植版になっています。

クロノトリガーのスマホ版レビュー

ムービーは微妙だけどストーリーは秀逸

あらすじ

AD1000年のガルディア王国千年祭で出会った少年クロノと謎の少女マール、この2人の偶然の出会いが過去・現在・未来・さまざまな時代を行き来し世界を救う旅へと繋がっていくことになる•••

時代を駆け巡りながら世界を救っていくタイムトラベルを題材にしたストーリー、1999年の当時話題になっていたノストラダムスの大予言をモチーフにしたとかしないとか。

ストーリー要所ではPS版から追加されたアニメーションムービーも入るんですがBGMと効果音のみでキャラボイスもなく、昔は画期的だったのかもですが今見るとムービーからドット絵に戻った時の表現差はチグハグに感じます。

ポチポチするだけじゃないバトル

戦闘はATB(アクティブタイムバトル)、FFとほぼ同じスタイルです。戦闘パーティに設定できる人数は3人でメンバーの組み合わせによって使える技が変わる『連携技』などもある。

ATBはコマンド選択中も時間が進むアクティブと選択中は時間が止まるウェイトの2種類から選択できる。スマホ操作に最適化されてますがアクティブの操作は少々難しく感じるかも。

オート機能もあり、メッセージスピードも8段階で調整できるのでバトルのテンポも悪くない。

ボスだけじゃなく通常戦で強力な敵もいるので弱点を見つけて戦うのもクロノトリガーの特徴、状況によっては適切な技を選択する戦略性もあります。

mob
mob

例えばファイヤで棍棒を焼くと急激に弱くなったり、コイツ強すぎじゃないか?と感じたら何か攻略パターンがあることが多いです。

アップグレードで操作性は改善

通常バトルはシンボルエンカウントなので少し細かい操作も必要になるんですが(スマホなので若干の誤操作は起こるかもですが)操作性はほぼ問題ない印象、アップグレード版になって改善されてます。

細かい操作が必要になる難所の1つ、ネズミ取りイベントも一応5分程度でクリアできました。スマホのながら操作だと難しいかもしれませんが落ち着いてプレイできる状況ならアクション系イベントで詰む可能性はほぼないはず。

オートセーブ機能もあるので途中で落ちたりして中断してしまっても一からやり直しの心配なし。中断機能もあるのでダンジョン内でも途中離脱可能です。

BGMは素晴らしい

予感、風の憧憬、時の最果て、時の回廊、などなど名曲揃いのBGMは今聞いても神曲、最近では東京オリンピックの入場曲でカエルとロボのテーマが使われて話題になってました。

Amazon Music UnlimitedでDS版クロノトリガーのサントラを聞くことができます。月額980円(プライム会員は880円)で約9000万曲が聴き放題、オフライン再生も可能です。

感想:色褪せない名作

クロノ・トリガー (アップグレード版)

クロノ・トリガー (アップグレード版)

SQUARE ENIX¥1,220posted withアプリーチ

総合評価
 (4.5)

ストーリーの途中で入るアクション系のミニゲーム・隠し要素的なサブイベント・クリア方法で変わるエンディング・クリア後のステータスを引き継いで最初からプレイできる強くてニューゲームなど、やり込み要素も盛りだくさん。

タイムトラベルと王道ファンタジーの組み合わせにFFシリーズとドラクエシリーズの良いところがミックスしたような物語、さすがは90年代を代表する名作RPGです。

mob
mob

現在のゲームと比べれば荒さはありますが今プレイしても十分おもしろい。逆に映像などのビジュアル面でごまかせない分、単純にゲームとしては最近の作品よりおもしろいかも。

バグの噂を検証

  • スキルが消える
  • コントローラーが劣悪
  • ネズミ捕獲に1時間
  • オートセーブがない

レビューでよく見かけたバグの情報があったんですが、実際にプレイしてみて上記のようなバグはなかったのでアップグレード版になった現在ではほとんど問題ない印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。