カテゴリで記事を探す

クロノトリガー|スマホとDS版の違いやバグの噂をレビュー!

スマホアプリのクロノトリガー-アップグレード版-のレビュー記事になります。

クロノトリガーはドラクエの堀井雄二、ドラゴンボールの鳥山明、FFの坂口博信の3人がコンビを組んだドリームプロジェクトとして話題になった90年代を代表する名作RPG!
低評価
低評価

オートセーブがない・スキルが初期化される・強制終了される!

初期のスマホ版は辛口のレビューが多かったみたいですけど最近のアップグレード版はどうなのか?

スマホ版をプレイしてみた感想をまとめてみます。

クロノトリガーの概要

舞台は現代のガルディア王国1000年祭。

見世物のワープ装置が誤作動を起こし、中世にタイムスリップしてしまう。

この事件が時代を股にかけ星を救う旅へとつながっていく事になる。

1999年に人類が滅亡すると話題になっていたノストラダムスの大予言をテーマにしたとかしないとか。

ジャンル :RPG
メーカー :SQUARE ENIX
リリース :1995年
作品ベース:DS版

スマホとDS版の違い

  • 強くてニューゲーム
  • マルチエンディング
  • 次元のゆがみ
  • 竜の聖域

基本的なシステムやグラフィックはリメイクされてもほとんど同じ!

DS版と同じ次元のゆがみと竜の聖域があって、次元のゆがみで裏ボスと新しいエンディングも追加。

MEMO

闘技場は無いのでDS版と全く同じではない。

プレイレビュー

クロノトリガーの評価
(4.5)

ストーリーやBGMには色褪せない魅力がある!オープニングと時の最果てのBGMは今聞いても神曲。

良かった点
絵は古いけど今でも楽しめる!むしろビジュアルでごまかせない分、単純にゲームとしては最近の作品よりも楽しいかも。ストーリーや表現の端々にある粗さにも味がある。
悪かった点
特になし。強いて言えば操作性が少し気になる人もいるかも。

バトル

  • FFと同じアクティブゲージ式
  • バトルはシンボルエンカウントで発生
  • メッセージスピードは8段階で調整可

FFと同じでゲージが溜まると攻撃できる。コマンド選択中もバトル進行するアクティブと、コマンド進行中はバトル進行が止まるウェイトの2種類。

アクティブコマンド選択中も時間が進行する。
ウェイトコマンド選択中は時間が止まる。
MEMO

アクティブで誤操作が気になってしまう場合は、ウェイトにすれば落ち着いて操作ができる。

ポチポチするだけじゃないシステム!

ボスだけじゃなく通常の敵も強力な攻撃を仕掛けてきたり、それを防ぐ必殺技があったり、単にポチポチ攻撃するだけじゃなく敵の特徴に合わせて戦うのも特徴。

棍棒を持った強い敵はファイヤで棍棒を焼くと弱くなったり。コイツ強すぎじゃないか!!?と思ったらだいたい何か攻略法がある感じ。

特徴を持った敵の倒し方などは会話の中にヒントがあったりする!

コントローラー(操作感)

フィールドマップ

フィールドマップの移動では敵もいないし、細かい操作も必要ないので操作性は問題なし。

ダンジョンマップ

ダンジョンでは敵と接触するとバトルになるシンボルエンカウントなので、多少の誤操作はあるかもですが操作性は普通。

カーレースやネズミ捕りみたいな少し細かい操作が必要になるイベントではストレスに感じてしまう事はあるかも。

MEMO

スマホ操作だとコントローラーよりも精度は低くなりますけど、クリアできる範囲なので大きな問題はない。

カットインムービー

大きい画面は荒さが目立つかも

グラフィックはドット絵で表現されていて、初期と特に変化がないので良いとは言えない。

大きめの画面の方が小さい画面よりドット絵の粗さが多少目立つかも。ただ、悪いわけではなく普通。

カットインムービーはちょっと微妙

PS版から実装されたストーリーの要所でのムービーシーンもあり。ただしムービーからドット絵に戻った時の表現の差は今見るとかなりチグハグに感じる。

まとめ:バグの噂は本当だった?

  • オートセーブ無し
  • 電話がきたら最初から
  • 操作性が悪くネズミで1時間
  • スキルが初期化される

ネズミ捕獲イベントは適当にやっても10分以内で捕まえられると思う。

今では実際にプレイしてみて特に大きなバグはなかったのでアップグレード版になった現在では問題ない印象。

PC版はまだ不評だとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です