カテゴリで記事を探す

【FF4】アプリ評価!DS版との違いや追加要素とは?

FF4
遊びやすさ
 (4)
難しさ
 (3)
やり込み要素
 (3)
おすすめ評価
 (4.5)

このページはスクウェア・エニックスのアプリ版ファイナルファンタジー4のプレイレビューになります

低評価
低評価
  • 通信エラーが起きる
  • 途中で進まなくなる、など。

FF4のアプリ版はどうなのか?基本情報やDS版との違い、プレイしてみた感想などをまとめてみます。

概要:

ストーリー

軍事大国バロンの飛空挺団赤き翼の隊長セシルはミシディアからクリスタルを奪う任務を終えるが、自身の任務に疑問を抱いて王に任務の真意を聞く。しかし怒りを買って隊長を解任、ミストへに出没する幻獣討伐へ行くことになる…

初のスーパーファミコン用ソフトとして開発されたFFシリーズの4作目。バトルではアクティブタイムバトルが初実装。

ジョブ変更でアビリティや魔法を覚えていくカスタマイズ性の高い形ではなく、レベル上げで魔法を覚えたり、MPを消費して魔法を使うといった従来のFFシリーズよりもオーソドックスなRPGスタイルに近い。

\FF4をチェック/

リリース:1991年

ジャンル:ロールプレイング

ハード :スーパーファミコン

追加要素やDS版との違い

  • 画面や操作をスマホに最適化
  • グラフィックのリニューアル
  • 難易度の再設定

アプリ版はDS版がベース。内容はほぼ変わらないですけど、UIの最適化などスマホでより遊びやすいようになってます。

プレイレビュー

利き腕とデカントアビリティ

ゲームを開始する時に難易度をノーマルハードの2つから選べるようになっていて、ゲーム内容は同じで敵の強さが変わる。

バトルはFFシリーズおなじみのアクティブゲージでアクティブとウェイトの2種類から選べる。バトルスピードやメッセージスピードも1〜6段階で調整可能。

各キャラに利き腕が設定されていて、例えば利き腕に矢・逆手に弓と正しく装備しないと本来の力が出ないといった設定がある。

オート機能はオートにした時に使うコマンドをあらかじめ設定できるので、レベル上げしたい時の流れ作業に便利。※オート時の行動はアビリティ画面で設定できる。どのアイテムを使うかなど細かい設定も可能。

デカントアビリティが追加

デカントアビリティはセットしたら白魔道士でも黒魔法が使えるようになるといったカスタマイズが可能になるDS版から追加された新機能。白魔法の様にコマンドで使うタイプのアビリティと魔法全体化の様にセットするだけで効果があるタイプの2種類あります。

ストーリークリアで入手できるものもあれば、特殊条件を達成しないと入手できないものもある。

操作性がややもっさり

 (0)

フィールドマップはもちろん、ダンジョン内マップもあり。出入り口の位置などフロアごとに表示されてるので便利。

戦闘時のキャラの動きは少しもっさり、許容できる範囲ですけどスマホならもう少しテンポよく動いた方が遊びやすい印象。バトルスピード最速にしてもアクティブゲージの速度が上がるだけでキャラの動き自体は速くならないのでテンポはあまり変わらない。

通常セーブはフィールドマップとダンジョンないならセーブポイントで記録できます。ダンジョン内でもちゅうだん機能があるのでダンジョン攻略中の中断も可能。途中で切れても、その周辺から再開できるようになっている。

ボイス付きのストーリー

全編ではないけどストーリーの要所ではボイス付きで物語が進行、名作がボイス付きで楽しめる。グラフィックや物語の見せ方は大幅に進化。

まとめ:テンポ以外は高評価

グラフィックも良く、ストーリーの要所ではボイスもあってアプリゲームの中でもクオリティは高めな印象。難易度設定や便利機能も充実していて、システムもシンプルなので遊びやすい。

アプリ版も初期にはBGMが止まったりイベントが進まない等のバグはいくつかあったみたいですけどプレイしていて問題なかったので現在は改善されてます。

ほんの少しだけ動作やテンポが遅いかも?と感じた以外は親切設計で遊びやすく、グラフィックも良くゲームとしてのクオリティは高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です